国語の読解問題の設問は最後まで読んでいますか?


設問を最後まできちんと読み通す

国語の読解問題を解くときに大事なのは、設問を最後まできちんと読み通し、正確に読み取ることです。

「当てはまる(適切な)ものを二つ選びなさい」

当てはまらない(適切でない)ものを1つ選びなさい」

「当てはまる一文の終わりの五字を書きなさい」

「空欄に当てはまる語句を前の段落から抜き出しなさい」

こういう設問でひっかかり不正解になっている生徒は要注意です。

設問を最後まで読まずに思い込みで解答してしまう。

ふつうはちょっとおかしいなと思うはずですが、そこは気に留めず、次の問題に行ってしまう。

そんなお子さんは「設問をよく読んでいない」ことが間違いの原因だったりします。

単に注意力が足りなかったり、問題を速く解こうとしたりすることが原因なのか?

テスト中に文章を読むのに時間がかかり、設問を適当に読んでしまうことが原因なのか?

いずれにせよ、「テストの設問は最後まできちんと読む」ことを徹底させること。

それで、国語のテストの点数が良くなれば、お子さんも「設問をきちんと読めば正解できるんだ」と納得できるはずです。

設問を最後まで読み通して正確に読み取ることは国語の文章読解の基本です。

日々の勉強できちんと身につけていきましょう。


対象:小5・小6・中2・中3・高2・高3
会場:アイーナ6階604
時間:13:00〜21:00のうち50分
受講費(税込):3,000円
受講内容:入試国語の文章読解の仕方と問題の解き方を学ぶ

「入試国語の文章読解1対1指導」内容の詳細と申し込みはこちらから

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です